· 

リモートワーク時代のカタログ戦略とは?

e-bookでカタログアナリティクスを試してみる

リモートワーク時代のカタログ戦略とは?

 

新型コロナ感染拡大状況は、それまで対面で行っていた業務内容をリモートワークで行うという新しい仕事環境を生み出しました。それによりビジネスのあり方もリモートワークに準ずる必要性が出てきました。

 

リモートワークに準ずるとはいったいどういうことでしょう?それは、いままで当たり前のように行っていた業務の流れを変えることを示しています。今まで製品納品の際には、顧客を訪問しマニュアルを見ながら設置するということが当たり前でしたが、不要不急の外出自粛から、製品納品時の設置サポートはオンラインにて行う機会も増えてきました。

 

枚数のあるマニュアルは、Webサイトにアクセスし、オンライン上のデータを見ながら自ら設置していただく。それは動画マニュアルだったり、PDFだったりします。そしてここに「e-book」が本格的に参入してきたのです。

 

「e-book」は、「電子カタログ」とも「電子ブック」とも「デジタルカタログ」など様々な呼称があります。e-bookの歴史は古く、1990年あたりにPCの普及とともに出版されたCR-Rom版による辞書や百科事典が、e-bookのルーツといえるでしょう。そして現在のような電子スタイルになったのは、2010年のi-phone*の出現が影響しています。それまでカタログといえば紙媒体が当たり前でしたが、スマートフォンの出現でどこでも誰でもインターネットにつながる時代となり、時代のペーパーレス化も伴ってインターネット回線を通したカタログのデジタル化が増えていきました。

*2010年当時は、i-phone=スマートフォンの呼称となっておりました。詳細はICTの歴史のページでご確認ください。

 

カタログ アナリティクス

 製品カタログやマニュアルを「PDFに変換し、Webサイトに掲載する」のは、珍しいことではありません。顧客訪問ができない今、WebサイトからのPDFダウンロードは、自然な流れとなっています。

 

ところがPDFをe-bookに変換した場合、どんな効果があるかご存じでしょうか? e-bookは実はマーケティング活動の一端を担います。カタログにアクセスする読者の購読行動を知りたいと思ったことはありませんか?

  • 一番良く見られるページ(製品)はどこか?
  • この製品を見た後、次に見る製品はどこか?
  • お問合わせにつながる製品は何か?
  • 離脱されるページはどこか?
  • お客様のお使いのブラウザは何か?
  • お客様が見ている端末はPCなのか?スマホなのか?
  • 何のキーワードで製品を探しているか?
  • 何%のお客様が製品紹介動画を視聴しているか?

e-bookは、今後のマーケティング活動の要となる顧客視点をカタログに反映させることができるのです。カタログを見る読者(お客様)の試読行動を分析することで、改訂すべき製品ページが見えてきます。カタログ上に動画をリンクさせれば、お客様が自ら製品紹介動画を視聴されます。つまり何人の読者が動画視聴にいたったかを数字で見ることができるのです。まさにカタログアナリティクスが可能の時代になりました。

 

リモートワークは、業務を行う上で不便なことが多々ありますが、リモートワークにあわせてツールを変えると、今までできなかったことさえもできるようになります。オンラインマーケティングの時代です。お客様のニーズを知り、ニーズに合わせてカタログの見せ方や動画の入れ替えを試してみてください。ABテストができるのもオンラインカタログだからこそです。顧客の視点で作られるカタログは、お問合わせへの導線もテストしながら作ることができます。リモートワーク時代のいま、カタログアナリティクスをしながら、お客様の視点に立ったカタログやマニュアルを作ることも必要ではないでしょうか。

 

AOI.コミュニケーションズ e-book価格

e-book Basic版

e-book Advance版


PDFをe-bookに変換しWebサイトに掲載するシンプルなe-bookです。

総合カタログなど大容量のPDFをダウンロードするには、それなりに時間がかかりますが、e-bookなら、半分の時間で済みます。お客様がダウンロードを途中でやめてしまうということがありません。初めてe-bookを使ってみたい方におすすめです。

 

PDFをe-bookに変換して納品させていただく、シンプル設定のためカタログアナリティクス機能はありません。動画のリンク設定や納品後のカタログ修正には、別途費用が発生します。

初期設定 50,000円 ~ (サーバーの有無、Webへの埋込み方式によって多少変わります)

Basic 版制作 110,000円(100ページまでのe-book変換費用, 税込み)

※詳細はお問い合わせください。 

e-bookで、お客様の試読行動を分析したい方向けのカタログアナリティクスを含んだ本格的e-bookです。Basic版と基本は一緒ですが、各ページにタグを埋め込みe-bookに変換します。動画へのリンクも含まれます。アナリティクス機能は、一定の期間を分析しないと意味がありませんので、年間契約にて承ります。

 

お客様の試読行動から定期的にPDFの内容を変更することも含みます。

e-book設定後のシンプルな修正は、3回まで含まれます。

初期設定 100,000円 ~ (サーバーの有無、Webへの埋込み方式によって多少変わります)

Advance版制作 16,500円/月(100ページまでe-book変換費用, 税込み)

年間でのご契約が必要です。年間費用198,000円/年払いになります。

※詳細はお問い合わせください。 


いま、この記事が人気です