広報・マーケティング施策は連携が重要!広報戦略の評価の重要性・広報と営業の違い

ホーム  >> コラム一覧 >> 広報・マーケティング施策は連携が重要!広報戦略の評価の重要性・広報と営業の違い

近年、広報担当者とマーケティング担当者が連携してプロジェクトを実施する企業が増えてきました。この背景には、IT時代特有の情報発信のあり方と、顧客とのコミュニケーションの多様化があります。
今回の記事では、広報担当者とマーケティング担当者が連携する必要性を解説します。
また、広報戦略における評価の視点や、デジタル時代の広報活動や広告手法、広報活動と営業の違いについても解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

広報とマーケティングの連携が重要

企業が新しい商品やサービスのプロモーション活動をするにあたり、広報担当者とマーケティング担当者の連携が重要になります。


近年ではSNSが発達したこともあり、ユーザーが自分自身で情報を得ることが自然なこととなってきました。情報の良し悪しに対しても敏感で、企業が発信する情報だけでは購入にいたらないというケースも増えてきているのです。そのため「良いものだから買ってほしい」というような単なる押しつけ型の広告では、逆に不信感を与えてしまいかねません。


そこで重要になるのが、顧客の信頼度が高いメディアへの掲載や、SNSなどを通した頻繁なコミュニケーションによる信頼の獲得などです。ユーザーは商品やサービスを選ぶ際にメディアの記事も参考にしています。信頼度が高いメディアへの掲載は、企業にとって大きなメリットがあります。


企業では従来のマーケティング施策ではなく、メディアへのPRを見越したマーケティング戦略を立てる必要性があります。そのため、広報とマーケティングの連携が重要になってくるのです。

広報戦略では適切な評価を続けることが大切

広報戦略は、計画を立案してそれを実施するだけでは不十分です。広報立案するだけでなく、実施後の「評価」のフェーズが非常に重要といえます。広報戦略の評価は、インターネットの情報収集を通して様々な角度から検証することが可能です。例えば、計画を実施してから顧客の態度や認知度はどのように変わったのか、顧客のWebサイトへの流入経路はどこか、といった点を検証し、その結果を今後の改善に活かしていきます。


そのプロジェクトの目的は達成されたのか、希望どおりの効果は出たのかといった点は、プロジェクトの存続や予算配分にも関係してくるため、広報戦略の評価は経営戦略にも大きく関わってくるといえます。

デジタル時代の広告と広報

広告と広報は、同じようなものだと思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。しかし、両者は異なるものです。広告や宣伝活動は、商品やサービスそのものを売り込むためのものです。マスメディアへの掲載はもちろん、デジタルサイネージやWeb広告などを活用して、認知を広げ、売り上げのアップを目指します。広告は、企業がお金をかけて行う宣伝活動になります。


それに対して広報は、商品やサービスだけにとどまらず、自社の様々な情報を広く発信するものです。メディアに発信するプレスリリースや提携先、協業先の企業へのニュースリリース、広報誌制作などが、その代表といえます。

しかし、現代のようなデジタル時代においては、広告と広報は必ずしも無関係であるとはいえません。前述したプレスリリースなどは、以前は紙面での配信が主流でしたが、現代ではインターネットを通じて行うのが主流になりました。配信したプレスリリースが記事となりメディアに掲載され、ユーザーに情報が届きます。そうすると普段のインターネット広告の効果も倍増してくるのです。


そのため、デジタル時代といわれる現在は、広告と広報をうまく融合させた戦略を立てることが重要になってくるといえます。

広報活動と営業活動の違い

広報と営業は、どちらも社外の方と関わる仕事です。双方ともマーケティング活動のなかのマーケティングコミュニケーション施策に含まれます。ここでは、広報と営業の仕事内容や役割がどのように違うのかをみていきましょう。

◇広報
社内外問わず、ステークホルダーやメディアに情報を発信するのが広報の仕事です。PR戦略における広報は主に社外広報であり、自社商品やブランド、イベントなどを広めるために様々な形で情報を発信していきます。具体的には、プレスリリース配信、取材対応、広報誌や協業先、提携先企業へのニュースリリースの作成・発信、SNSの更新、メルマガの配信などが広報の仕事です。
広報の役割は、その活動を通して企業・ブランドの認知と価値を高めることにあります。

◇営業
営業はマーケティング活動によって獲得した見込み客・顧客に対して、契約の相談やアポ取りなど顧客への営業活動全般を行うことが仕事です。ITが普及した現代では、対面営業だけでなく、Webサイトを通じた営業活動も盛んに行われています。
営業の最大の目的は、営業活動を通じて企業の売上・利益を向上させることにあります。

広報活動は「企業・ブランドの価値を高めること」、営業活動は「企業の売上・利益を高めること」という違いがあります。
双方ともマーケティングのなかのマーケティングコミュニケーション活動において関わりがあります。
広報はマーケティング施策の一部ですし、マーケティング戦略の過程では見込み客の選定なども行われます。その見込み客に対し営業がアクションするという一連の流れのなかでマーケティングを通した関わりがあるのです。

広報戦略・マーケティング戦略に関するご相談はAOI.コミュニケーションズへ

自社の広報戦略・マーケティング戦略でお悩みでしたら、AOI.コミュニケーションズへご相談ください。広報のサポートを専門企業に依頼すると、外部からの新たな視点の発見にもなります。また担当者は、ご自身が抱える今やるべき業務に専念できます。そこには業務の効率化が図れるというメリットが生まれます。
AOI.コミュニケーションズでは、製品やサービスが持つ強みや可能性、企業の社会的貢献、企業理念などを効果的に伝えるサポートを行っています。今持つ製品のブランディングを強化してみませんか?プレスリリース作成や配信代行、展示会ブース戦略、製品紹介動画制作など、様々なマーケティング施策を通じて御社の販売促進のサポートをいたします。
製品が伸び悩んでいる、このサービスをどう伝えようか迷っているなどのお悩みがある場合は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

広報戦略やマーケティング戦略に関する豆知識

広報・マーケティング戦略のご相談はAOI.コミュニケーションズへ

会社名 AOI.コミュニケーションズ
住所 〒104-0054 東京都中央区勝どき5-10-10 ミッドベィ勝どき1206
TEL 03-6677-3234
FAX 03-6800-8250
CONTACT info@aoicom.com
 URL https://www.aoicom.com/