· 

Withコロナ時代のマーケティングコミュニケーションとは?

Withコロナ時代のマーケティングコミュニケーションを考える

マーケティングコミュニケーションとは、市場を活性化するためのコミュニケーション

4月1日に日銀が発表した3月の企業短期経済観測調査(短観)は、大企業製造業の業況判断指数(DI)が、前回調査(20年3月)から15ポイント上昇のプラス5、非製造業はマイナス1でした。コロナ架にあって、飲食や宿泊業の苦戦は続いていますが、日経平均株価は30,000円を超えました。最近では米長期金利上昇の影響を受け円売り・ドル買いが進み、市場は二極化はしているものの全体的には回復傾向にあるというのが政府の見解です。

 

Withコロナ時代におけるマスクの義務付けは、この先も数年続くとのことで、まだまだコロナウィルスとの共存も続きそうです。第三波が拡大していた昨年より、今までとは違う仕事のあり方、進め方の相談を受ける機会が増えてきました。マーケティングは、マーケット(市場)をing (現在進行形)にすることです。マーケティングコミュニケーションは、市場を現在進行形にするために、お客様とのコミュニケーションの施策を考えることです。現在は、お客様もコロナ架にあります。マーケティングコミュニケーションのあり方もWithコロナ時代に応じ変化が求められます。第四波が拡がる中、改めてWithコロナ時代のマーケティングコミュニケーションの手法を一緒に考えてみましょう。

 

マーケティングコミュニケーションの手法は大きく分けて二種類

マーケティングコミュニケーションの手法は、大きく分けて二種類です。オンラインコミュニケーションといわれるデジタル施策とオフラインコミュニケーションといわれるアナログ施策になります。どちらが良いとかは、業種や想定されるお客様により違ってきますので、一概にはどちらが良いとは言えません。

 

想定されるお客様はどんな方でしょうか?その方は普段どこで探している情報を入手しているでしょうか?この問いに「インターネットで検索」という答えが出てくる場合は、オンラインコミュニケーションの施策を考えていくと良いでしょう。

 

先ほどの質問に、「業界新聞」「展示会」「顧客訪問」という答えが出てくる場合は、オフラインコミュニケーションの施策を考えると良いでしょう。しかしながらもうお気づきだと思いますが、業界新聞や顧客訪問が必要な企業にPCがなく、インターネットにつながっていないことは、まず考えられません。誰もがスマートフォンを持ち歩く時代、デジタルのコミュニケーション施策は必須になってきました。一方で、簡単に削除したり流れていってしまうオンラインコミュニケーション施策だけでは、お客様の心や印象に残りません。お客様の琴線に触れるアナログ施策は、オフラインコミュニケーションの醍醐味となります。

 

マーケティングコミュニケーション施策に必要なもの

マーケティングコミュニケーション施策を考えるときに大事なことは、ゴールを設定することです。どういう結果が得られれば満足なのかを考えて、ゴールに向かう道筋を立てます。例えば、自社製品をもっと多くのお客様に知ってもらいたいと考えるなら、インターネット広告は近道となるでしょう。対消費者向けビジネスなら必須のことです。

 

対企業向けのビジネスは、まず自社サイトのインターネット検索率を高めることが必要だと思います。高額な製品であればなおさらのことです。会社名や製品名でなく、カテゴリー名で検索率があがっていく施策を整えましょう。業界での製品認知度があがれば、展示会出展時や顧客訪問時の商談もスムーズに運ぶこととなります。このように対面でのオフラインコミュニケーションに欠かせないのが、アナログの媒体です。スペックしか記載のないカタログだけでは、お客様の琴線になかなか触れることはできません。他のお客様の声やユーザー事例などを冊子にすると、購読していただく確率がぐっとあがっていきます。お客様とのコミニケーションに必要なのは、継続すること。ユーザー事例集やインタビュー記事は数が多いほど製品や企業の信用度も高まっていきます。オンラインとオフラインのコミュニケーション施策をうまく活用して、業界のマーケットを活性化させましょう。

 

マーケティングコミュニケーション施策にお悩みの場合は、AOI.コミュニケーションズにご相談ください。