事業概要

想像を確かな創造に変える

 

会社や製品の価値に息を吹込み、説明しにくい製品やサービスをわかりやすく紐解いて、その製品のもつ強みや企業の社会的貢献、企業理念を最大限効果的に伝えていくことが 「AOI.マーケティングコミュニケーションズ」の使命です。 

 

 

企業の伝えたいをユーザーの知りたいに変える

 

顧客や消費者のユーザー視線から、企業やその商品、サービスに対する価値や魅力を発見し、より多くのユーザーに届ける。

企業と消費者をつなげ、より魅力的な商品やサービスにするためのクロスメディアマーケティングを行う。

マスメディアに取り上げられる広報活動を行い、費用対効果の高い戦略を実現する。

最大限にデジタルコンテンツを活用するためのコンサルティングと実務を行う。

 

AOI. コミュニケーションズは、企業と消費者のニーズをつなげるマーケティングコミュニケーション活動を通して、より豊かな社会を作ることに貢献します。

マーケティングコミュニケーションとは

企業視点の4つのP

1961年にマッカーシーが『企業が管理可能な手段』として提唱した概念

「PRODUCT:製品」「PRICE:価格」「PLACE:流通」「PROMOTION:プロモーション」

顧客・消費者視点の4つのC

1993年にロバート・ロータボーンが提唱した概念

「Customer Value:消費者にとっての価値」「Customer Cost:消費者が支払う対価」「Convenience:購買における利便性」「Communication:コミュニケーション」

 

マーケティングコミュニケーションは、顧客・消費者視点の4つのCの中の一つコミュニケーションを活用する広告手法としてとらえられています。これまでの企業側からの一方通行的な広告手法から、顧客視点に立ったマーケティングを行うことです。

企業視点に立ってしまうと、こんなに優れた技術です、サービスです、こんなことが出来ます、これを提供します、といった押し付け的な、広告展開になってしまいますが、ユーザー視点に立つと、『あなたのこの問題をこのように解決できます』『望んでいたサービスはこうすることで手に入ります』・・・という顧客が必要としている情報提供が生まれます。商品やサービスを押し付けるのではなく、ユーザー自身が、その製品やサービスに魅力を感じ、企業の情報にアクセスしてくるという結果を生み出せてこそ、マーケティングコミュニケーションの醍醐味です。

近年の広告を振り返ると、テレビやラジオのCM、雑誌広告、チラシ投函、ダイレクトメール、など消費者に向けた一方通行的なものが主流でした。1991年にPCが一般企業に登場し、インターネットの急速な伸びが輪をかけ、WEBサイトは企業にとって必須なものとなり、スマートフォンの登場は、消費者に情報を届ける新しいマーケティング手法を生み出しました。街中のポスターや雑誌のページには、キャンペーンサイトや商品検索サイトへ誘導するためのQRコードが出現し、内容に興味を持った顧客が自ら情報を検索しSNSを通じて広がっていく時代になってきています。

 

 

交通広告も大きく変わりました。ターミナル駅では、デジタルサイネージが主流となって駅構内やプラットホームに進出してきました。電車の社内広告も、今では動画が動いていても誰も驚く人はいなくなりました。アプリの開発が個人でできる時代に突入し、デジタルマーケティングの世界はどんどん進化しています。

 

多様化するメディア環境のなか、企業が消費者に情報を届けるためには、クロスメディアマーケティングは、無くてはならない施策になってきました。

AOI.コミュニケーションズは、社内にいると見えずらい、あなたの会社の商品やサービス魅力を最大限に分析・発見し、あらゆるコミュニケーションメディアの中から、最も効果的で費用対効果の良い広告手段を通じて『製品やサービスの魅力を伝えたい!』を実現するだけでなく、ユーザーの視点に立った製品やサービスへのアイデアを提案します。

マーケティングコミュニケーションを実践すると

4Cを実践している企業の一つに「花王」というメーカーがあります。

例えば、重くてかさばっていた、洗濯洗剤を3分の1の大きさに収まるようにパッケージ化したコンパクト洗剤や、浴室で髪を洗いながらシャンプーを取りたい時、並んでいる二つのボトルから迷わずシャンプーを選べるように、凹凸をつけ『手探り』でシャンプーを選べるようにボトルを改良しました。


消費者目線で生まれた四角いペットボトルの形状も、冷蔵庫のポケットに収まりやすいという理由から生まれたものです、結果的には、同じ高さのボトルなら容量を増やすことが出来たり、同容量なら、高さを低く出来るため、箱の形状を小さくして一度にたくさんの製品を運ぶことが出来るようになり、流通費や流通効率の面で大きなコスト削減につながりました。

流通では燃料費は馬鹿にならないもので、1本当たりの単価が1円下がっただけでも億単位の経費を浮かすことが出来るのです。

 

消費者の声を聞くこと、ニーズを知ることは、新しい製品を生み出すきっかけになるだけでなく、企業価値を高めることになります。大規模なマーケットリサーチは、一般的な企業ではなかなかできないかもしれませんが、製品やサービスの内容を、ユーザー目線で見つめなおすことで、同様の効果が生まれたり、その商品に新しい価値を生み出すことが出来ます。


マーケティングコミュニケーションは、毎日進歩しています。その時代、その製品、そのユーザーにあった手法をいま見つめなおしてください。