動画制作

製品やサービスのもつ力をもっとわかりやすく社内外へ伝えませんか?

人は90%の情報を視覚と聴覚から得る

人の五感をつかさどる「視覚、聴覚、触覚、臭覚、味覚」

 

そして人は情報の90%以上の情報を「視覚と聴覚」から取るといわれています。ならば、この視覚、聴覚をフル活動した広報施策を考えたらどういうことがおきるでしょうか?

 

エンドユーザーに製品紹介をするときに必要なことは何でしょう?

  • わかりやすい説明
  • 製品使用時の状況のイメージがわく
  • 納品までのスケジュール
  • 製品価格の紹介
  • トラブル発生時の連絡先
  • 必要備品(電力、重量、サイズ、必要であれば工事内容)

製品紹介を動画にしたら?

 

では上記の必要なことを動画にしてみたら、どんなことが想像できますか?

  • 製品の細かい説明内容を覚えなくて良い
  • パソコンなり携帯端末でいつでも再生可能
  • 営業トークの一貫性
  • 伝えたいことをすべて網羅
  • シリーズにわけることで、1回の視聴を短く設定、だから見ていて飽きない
  • 商品説明カタログ(印刷物)の簡素化(カタログ作成目的を入札や経理処理の内容に限定)
  • 製品使用変更時にはテロップ更新ですぐに処理
  • 自社WebやSNSに掲載することで新規顧客獲得の可能性
  • セルフスタディで視聴を繰り返すことによる知識の向上
  • 販売代理店とのトラブル回避

動画制作における企業にとっての一番のメリットは、営業の知識レベルやトークレベルの差によるセールス機会の損失を防げるということです。

またカタログ制作における予算の節約と手間削減というメリットもあります。

カタログには、製品仕様変更時におけるたった一行のテキストのおかげで、刷り直し、また訂正シール貼りといった煩雑な作業が多くありました。

ならばカタログに記載するものは、必要な項目だけにして、広報分野は動画に働いてもらう。

これが新しいマーケティング コミュニケーションツールです。

ゆえに「動画マーケティング」とか「動画プロモーション」「コンテンツマーケティング」ともいわれます。

 

AOI.コミュニケーションズの動画制作

私たちの動画制作は、コンサルティングから始まります。担当者様の伝えたいこと、見せたいもの、この動画で得たいものをたっぷりとお聞きしてから、絵コンテ制作(制作内容台本)を作ります。そこで疑問点や不安点があれば、また最初から台本を作り直します。

 

動画の撮影は、数々のTVCMを撮影してきた動画専門のカメラマンが担当いたします。高解像度で撮影された動画は、屋外デジタルサインエージでそのまま使用できる品質です。また多様な使用用途についてもその有効活用法をご提案させていただいております。

 

例えば、このような利用法はいかがでしょうか?

  • 自社Webサイトに掲載して製品やサービスの紹介
  • YouTubeに掲載して新規顧客の獲得
  • Facebookに掲載してシェアという口コミを増やす
  • 展示会場での集客ツール
  • プライベートセミナーでのオープニング映像
  • 営業のセールスツール
  • バナー広告やTVCMへの利用

 

動画をマーケティングコミュニケーションツールとして活用するということは、優秀なスタッフを雇ったといっても過言ではありません。デジタル営業スタッフとしての動画制作をぜひお考えください。

多くの方に視聴していただきやすいように、QRコードを作成して納品させていただきます。

サービス内容

  • プレスリリース執筆代行
  • メディア配信
  • プレスインタビュー手配

 

  • 広報動画制作、撮影モデル手配
  • 字幕テロップ入れ
  • セミナー撮影、編集
企業案内、商品説明、CM制作、イベント記録、ユーザー事例顧客インタビューなど取材から撮影、編集まで承ります
  • SNS配信代行
  • メールマガジン配信代行
  • ブログ配信代行
メールマガジン、ブログ、YouTube、facebook、Instagram の配信代行をいたします


動画制作実例紹介

新商品(COMST Sim)サービス紹介

教育授業記録及び終了後ユーザーインタビュー

イベント記録及び終了後ユーザーインタビュー


日本母体救命システム普及協議会イベント記録

個人用心肺蘇生トレーニング製品紹介


OSCE試験記録及び製品使用後インタビュー

製品紹介字幕挿入